TE・HI・TO~「才伎」(てひと)とは、日本書紀にも記される「技術者」のことです。

飛鳥時代、この地には宮都建設のため多くの工人たちが集められました。明日香村は、木工、金工、漆、ガラス、陶芸、染織などさまざまな技術の始まりの地でもあります。

手仕事によってひとつひとつ丁寧に作られた作品たちは、生活の中に溶け込み、日々の暮らしに潤いを与えてくれます。

私たちのギャラリーは、そんな手仕事に真摯に取り組んでいる作家の皆さんのためのスペースです。

堀部伸也(ガラス)